本文へスキップ

八千代台にあるわらびH・C歯科  人生後半へのおとな歯科

おとな歯科HEADLINE

人生後半への歯科的備え

人生後半への備え・・・10年先もしっかり噛めるように

私たちのからだは、人生の後半を迎えるとさまざまな問題を抱えてきます。
口の中も例外ではなく、加齢的変化がすすんできます。
良い状態を保つには、いくつかのポイントをおさえ、備えなくてはいけません

文章を入力してください。
Q、歯を失うのは、何歳くらいから?
A.,歯やハグキの衰えによって歯を失う平均は、女性41歳、男性44歳
 多くは、50〜55歳ころから連続して失われ、その後は加速度的に失われていく傾 向が強く、80歳では平均歯数10本となります。わらびH・C歯科 イラスト

Q、 歯を失うとどうなるのですか?
A、歯は全部そろっていてこそ、その役割を果たすものです。それ  を一本でも失ってしまうと、歯並びの連続性、接触の緊密性が保  てなくなります。
 その結果、噛む力の偏り、顎関節へ影響、顔貌の変化、口の乾燥、頭痛や肩こ りなどを引き起こします。

    イラスト2
Q、どうしたら 防げるのですか?
A,一定の年齢までは歯を失うことの無いように、加齢変化に応じた 歯周病・虫歯予防に努めること。
 失い始めてしまったら、それが加速度的にならないように噛みあわせのバランスを確保することが必要です。文章を入力してください。