本文へスキップ

八千代台にあるわらびH・C歯科が歯周病の治療について説明

歯周病の治療HEADLINE

歯周病の治療ステップ

歯周病は、歯周病原菌の感染
病原菌が住みにくい環境にしていくことが
治療の基本

口の中には300400種類の細菌が存在していると言われています。その中の歯周病原菌が、歯とハグキの境目の溝(歯肉溝)で増殖すると歯周ポケットが形成され、ハグキの腫れや歯の周囲の骨破壊が起こり、歯周病が進行していきます。これらの菌が活動しにくい環境にすることが治療の基本。

@歯周病の状態を説明します
レントゲン写真や検査から、現在のあなたの歯周病の進行度,状況を説明します
A歯周病へのリスクチェック
歯周病の現状・清掃法・生活習慣などをふまえ、歯周病へのリスクをチェックしアドバイスします。
Bブラッシング・トレーニング
口の中の清掃について説明します。清掃状態のチェック、実際に器具の使用法、手技練習をします。
C全体のクリーニング
歯ブラシではとることの出来ない汚れや見えている部分の歯石除去をしていきます。
D深い部分の歯石や汚れの除去
ブラッシングやし肉の状態を確認し、深い部分の掃除をします。重要なステップなため時間がかかったり、麻酔や小範囲の手術が必要な場合があります。
E定期検診
歯周病治療の第一ステップが終了です。しかし歯周病は慢性の病気ですから定期的なメインテナンスを続けないと再発してしまいます章を入力してください。