本文へスキップ

八千代台にあるわらびH・C歯科がかみあわせバランを説明。

かみ合わせのバランスHEADLINE

歯が失われてくると・・・

複数の歯が失われてくると、
入れ歯やインプラント(人工歯根)を用いた治療方法が選択される。
ここまで来ると、単に失った部分を補うだけを考えるのでは不十分、将来どのような変化が起こり得るのか(かみ合わせのバランスや力、ハグキや歯の揺れなどの状況)を予測し、それに対応できる治療方法が選択される。
 よくある「勘違い」・・・治療が一段落すると
治療が一段落するとこの状態のまま5年そして10年続いて当然と考える人が多い。
 歯を失ってしまう前の5年間、10年間と、これからの5年、10年を比べてみる。治療で補ったとはいえ自分の歯以上のものが手に入ったわけではないので、残りの歯にかかる力の負担や種類、さらにハグキや歯を支える骨の状態など全てにおいてマイナス面が増えている。治療したそのままの状態が保てることはない。では治療したことは何だったのだろうか?
 このような状況での治療は、完全にもとの状態に戻すことを目標とはしていない。噛む力をしっかり支える部分を確保すること、全体のバランスを整えることなどにより悪くなっていく流れの速度を少しでも遅くすること、それぞれの条件のなかで少しでも快適な状態をつくることが治療目標となってくる。
このように部分入れ歯や複数のインプラントが必要とされるケースとは、次のような壊れた椅子をどのように使い続けるかという話と同様と考えられる。
「椅子の4本脚がしっかり固定されていたものが、1本そして2本折れてしまう、あるいはグラついて、椅子としての機能を失っている状態になってしまった。当然残りの脚の状態も良好とは考えられない。こうなると修理をしても、壊れていく流れを完全に止めることは極めて難しく、いかに支えを補い全体を長持ちさせるか、少しでも安定のよい状態を保つには何をすべきかを考えることとなる。