本文へスキップ

八千代台にあるわらびH・C歯科 歯の接触癖

歯の接触癖HEADLINE

歯の異常接触癖  TCH

「1日に20分以上、上下の歯が触れていること」
これが歯の接触癖。(TCHと呼ばれています)
 上下の歯は、何もしていないときは接触せず、唇を閉じていても歯は触れていない状態が正常です。会話、咀嚼、嚥下という動作をするときに単発的に触れるのみです。ですから接触時間総計でも1日に20分以下と言われています。
 ところが、何かの作業や考え事をしているときなどに、歯を触れたままにしていると接触時間が増加してしまいます。
 軽く接触させているだけでも口を閉じる筋肉、歯及び歯を支えている組織などは負担を受けます。接触が長時間になると、筋肉や関連組織の負担は過度になり、疲労が蓄積され障害がでてくるようになります。
 このような不必要な上下の歯の接触癖をTCHといいます。

 ではTCHは、どのような障害を引き起こすのでしょうか?
・歯周病の悪化・歯のすり減りや破折・歯の慢性的な痛む、しみる
・咬み合わせの不調や口が開きにくい感じ・つめ物、被せものや入れ歯の破損の繰り返し・頭痛、肩こり、腰痛、顎の痛みなどがあげられます。
この癖のある方は多く、まったく自覚の無いことも多いようです。歯の寿命を縮める大きな原因となりますので要注意!!!