本文へスキップ

八千代台のわらびH・C歯科 虫歯治療

虫歯治療HEADLINE

虫歯治療

虫歯だからといっても、歯は削れば削るほど弱くなってしまいます。
従来の虫歯治療では、虫歯菌に侵された部分をすべて取り除くことが重要とされ、削る必要のない部分まで削ってしまう……。そのようなことが多く行われていました。
そこで私たちは、虫歯の症状、お口の中の状態、これまでの歯科的な罹患傾向などを考慮して、いかに歯を削らずに虫歯の進行を抑えるか、いかに被害を拡げないように、あるいは予防的な対応はできないのかを第一に考え診療にあたっています。

失われた歯は二度と自然には回復しないのですのですから

そのために私たちは、虫歯を治療するのみではなく、そうなってしまった原因を探り、いかに予防に生かすかが大切だと考え、食事指導、ドックベストセメントの応用、ダイアグノデント診断などさまざまなアプローチを行っています。

ダイアグノデントによる診断

虫歯の状態を経時的に数値で管理できます。

”かつての見つけてすぐに削る治療”ではなく
「予防、進行状況に合わせ適切な虫歯管理をする治療」に対応するためには欠かせない機器です。
虫歯診断 
このダイアグノデントが活躍しています。